2006.01.10

魔法戦士スイートナイツ CompleteDisc

Triangleの美少女ゲーム「魔法戦士スイートナイツ」シリーズの総集編。既発売3部作におまけストーリー「炸裂スイートファイト!」を加えたもの。 オリジナル版発売時には手を出していなかったので、今回初めて通してプレイしてみたのだが、「傑作」である。 第1作...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.23

小麦ちゃん大全

カルトコメディOVA「ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて」のムック。ムックとしては正直高い。高いのだが、内容は抜群である。 特に、「ネタバレ(爆)ぷろだくしょんのーと」が素晴らしい。作中で使われたネタ元の解説なのだが、まあよくもこれだけ、というくらいに丹念...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.22

School Rumble Vol.8

小林尽の学園コメディの第8巻。表紙は、麻生クンかなという予想を裏切って絃子先生。 本編は、八雲外泊事件から文化祭出し物争奪サバイバルゲームの中盤まで。「ミコちゃーんっ!」は次巻のお楽しみ。 サバイバルゲーム編、連載中はモチーフはバトルロワイアルかなと思って...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.09

φなる・あぷろーち 小説版

プリンセスソフトの美少女ゲーム「φなる・あぷろーち」のノベライズ。 執筆は、三浦洋晃さん。原作ゲームのシナリオライターご本人である。 ゲーム自体が佳作といっていい出来だったこともあり、シナリオライター自身が原作をどう料理するか興味もあったので、書店で見かけ...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.16

恐怖の宇宙帝王/暗黒星大接近! (キャプテン・フューチャー全集1)

かってのハヤカワの看板シリーズが創元から復刊される。というところに時代の流れを感じてしまう。つまりは、昔ハヤカワ文庫と創元推理文庫が占めていた位置が、今では電撃文庫や角川スニーカー文庫にとって替わられてしまった、ということなのだろうけれど。 作品自体の出来...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.04

オルフィーナ Vol.12

天王寺きつねの異世界ファンタジー戦記の12巻。マルガ要塞攻略戦完結編にして第一部完結。 ちょうど、掲載誌がコミックドラゴンからドラゴンエイジへ衣替えした時期にもあたり、読み落としていた回が複数あり、単行本にて初めて話の詳細を知り、愕然とした部分あり。 敵味...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.03

ジオブリーダーズ Vol.10

伊藤明弘のアクションコミックの第10巻。 コミックの枠に収まりきらないようなアクションの激しさは相変わらずなので、やはり単行本でないと筋を追いかけづらい。今回のハイライトは田波くん瀕死編と入江さん暗躍編。謎を呼ぶ、というか伏線を振りまいている段階なので、続...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.01

ライク・ライフ Like Life Vol.3 オムニバス編

HOOKの美少女ゲームのノベル化3冊目。ソフトガレージのノベルでは恒例となりつつあるオムニバス編である。 前2冊ではメインとならなかった残りのヒロイン3人と、「ものたち」をフィーチャーした全6編。イラストは「カラフルBOX」の浅葉ゆうさん。 6編いずれも良...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.31

月は東に日は西に -Operation sanctuary-

オーガストの美少女ゲームを原作とするコミック。電撃G'sマガジンにおける連載作品を単行本化したもの。 キャラクターの雰囲気を中心としたエピソード集という形になっており、榊原ワールドは炸裂しない。マルバスも時空転移装置もフォステリアナも表面には出てこ...

» Continue reading

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.01.29

乃木坂春香の秘密

電撃文庫のライトノベル。 何というか、特にストーリーで引っ張らなくても、キャラクターが立っていれば、そこそこ読めるものには仕上がるのだなぁ、というキャラクター小説のお手本のような作品である。 イラストのしゃあさんの絵とのマッチングが絶妙であるので、頭を空っ...

» Continue reading

| | Comments (19) | TrackBack (2)

«鉄腕バーディー Vol.7